八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「最南端」の海びらき満喫 マエサトビーチ

オープニングカットを合図に元気いっぱいに海へ駆け込む子どもたち=21日午前、真栄里ビーチ

オープニングカットを合図に元気いっぱいに海へ駆け込む子どもたち=21日午前、真栄里ビーチ

ことし1年の航海安全を祈願する荻堂久子神司

海びらき宣言を行う平真小学校の児童ら

ステージの余興を楽しむ参加者ら

ビーチに響く歓声

 「日本最南端!八重山の海びらき2018」(八重山ビジターズビューロー主催)が21日午前、マエサトビーチで開かれ、地元の人々や観光客など約1000人(主催者発表)が夏を思わせる日差しの下、初泳ぎや砂遊びなどを楽しみ、ひと足早い夏の訪れを満喫した。開幕時の天候は曇り。海に駆け込んだ人々は「冷たい!」と声を上げたが、次第に晴れ間が広がり、会場は陽気に包まれた。

 ステージでは第39代ミス八重山の発表やTシャツデザインコンテスト表彰、歌手やお笑い芸人のミニライブなどが行われた。

 海びらきにさきがけ、同日午前8時半から、神司や同ビューロー(YVB)関係者らが、ことしの海の安全を祈願。

 タヒチアンダンスサークル「hare maru hare papu(ハレマルハレパプ)」のたおやかなダンスで幕開けし、平真小学校の児童らが「色とりどりの魚たち、美しいサンゴ、ルールやマナーを守り、コバルトブルーの海を大切にします」と海開きを宣言した。

 テープカットを合図に、参加者は勢いよく海へ駆け込み、水の冷たさに歓声を上げたり、海上に投げ込まれた果物を拾い集めたりして初泳ぎを楽しんだ。砂浜に埋められた自転車などを掘り当てるビーチ宝探しも開かれた。

 家族3人で初泳ぎを楽しんだ西里奏汰君(平真小1年)は「キウイとみかんを拾えたのでうれしい。寒かったけど楽しかった」と笑顔。小学校の卒業記念に千葉県から家族旅行に来た荒川瑠海(るか)さん(12)は「千葉の海と全然違う。色もきれいで、水も温かくて気持ちいい」と声を弾ませた。

 ステージでは、八重山農林高校の郷土芸能部とウイングキッズリーダーズがそれぞれ踊りを披露。石垣島出身の歌手リカ・トゥモールさんが澄んだ歌声を響かせ、お笑いライブではよしもとエンタテイメント沖縄の「カシスオレンジ」や吉本興業の「エハラマサヒロ」が会場に笑いを巻き起こした。

 YVB会長の中山義隆市長は「八重山の海の行事やマリンレンジャーが、1年無事故で快適であるように」と祈念した。

地図
  • タグ: 海びらき
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム