八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新庁舎建設に39億円計上

新庁舎建設が予定されている旧石垣空港跡地。右奥は建設中の新県立八重山病院=18日午前

新庁舎建設が予定されている旧石垣空港跡地。右奥は建設中の新県立八重山病院=18日午前

市、20年夏開庁目指す
18年度予算案

 石垣市は、旧石垣空港跡地で計画する新庁舎建設の事業費として、2018年度一般会計予算案に39億852万円を計上している。財源は緊急防災・減災事業債で24億8770万円、一般単独事業債で9億9860万円、庁舎建設基金積立金からの繰り入れで4億2200万円。新庁舎建設推進室によると、予算案が可決されれば新年度の早い時期に入札を行い、2020年度夏ごろの開庁を目指す。

 現段階での試算によると、建設費は外構を含め76億円。市は、20年度まで延長された防災・減災事業債を活用して42億円を借り入れる予定。同債は、借入額の70%がのちに交付税として措置されるため、市の実質負担額は46億6000万円になる。

 建設場所は市消防本部と新県立八重山病院の間の3万159平方㍍。このうち7559平方㍍に地下1階、地上3階段の鉄筋コンクリート耐火構造の新庁舎を建築する。延べ床面積は1万3565平方㍍。 

 新庁舎は「みんが集う石垣市のランドマーク」を基本理念に実施設計が行われている。

 昔ながらの風景を継承するため屋根は赤瓦ぶき。しっくいを使用せず、石灰岩でできたうわぐすりを用いて、しっくいを表現するため、約15年に1度必要とされるしっくいのメンテナンスが不要。さらに70㍍の風速に耐え、断熱効果も併せ持つ接着剤を使用することから、消費電力の低減が期待できるという。

 このほか240台収容の駐車場を確保するほか、敷地内にバス停留所も計画。1階には、市民ロビーや多目的に利用できるガラス張りの会議室を設け、土日や平日夜間も利用できるようにする。食堂やカフェも隣接する。

 一方、市民ロビーの空間は災害時の避難場所として機能し、約1000人の収容が可能。建築基準法が求める基準の1・5倍の耐震強度にし、100年の供用に耐える建築物とする。

 建設室は「今回設計している市役所は、既存の市役所のイメージを変え、市民の利活用に最大限応えるもの」としている。

地図
  • タグ: 新庁舎建設
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム