八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

児童が田植え体験 宮良小学校3年生

丁寧に田植えを行う3年生ら=14日午後、宮良小学校

丁寧に田植えを行う3年生ら=14日午後、宮良小学校

農家のありがたみを実感

 宮良小学校(桃原修校長、児童134人)は14日、食育の一環として校内の田んぼで田植えを行い、3年生21人が泥遊びを楽しみながら、21平方㍍の田んぼにひとめぼれの苗を植え、農家のありがたみを感じた。6、7月ごろに収穫され、8~10㌔の米がとれるという。

 同校によると、田植えはことしで17年目。宮良の農家・成底弘芳さん(62)が指導した。児童らは冷たい感触に歓声を上げながら足元の土をならし、丁寧に植え付けていった。先輩たちの植え方を学ぼうと、1、2年生は3年生の作業風景を見学した。

 植え付け作業を終え、熊谷大成君(9)は「土にできた足跡を平らにしてから植えるのがコツ。コツをつかんだら簡単で楽しかった。大きくておいしいお米になってほしい」と感想。

 半嶺加那君(同)は「思ったより楽しかった。均等な深さで植えるのが難しかった。農家のありがたさがわかった」と笑顔で話した。

  • タグ: 宮良小学校田植え
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム