八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

慶田花君が沖縄県賞

「SOMPOパラリンアートカップ2017」で沖縄県賞に輝いた八重山特別支援学校高等部2年の慶田花朋己君(中央)=13日午前、同校校長室

「SOMPOパラリンアートカップ2017」で沖縄県賞に輝いた八重山特別支援学校高等部2年の慶田花朋己君(中央)=13日午前、同校校長室

八特支学校高等部2年
SOMPOパラリンアートカップ

 サッカーとバスケットボールを題材に障がい者によるアート作品を募集した「SOMPOパラリンアートカップ2017」(SOMPOホールディングス損保ジャパン日本興亜㈱主催)で、八重山特別支援学校高等部2年の慶田花朋己(ともき)君(17)の「戦い」が沖縄県の最優秀賞にあたる沖縄県賞に輝き、13日午前、同校で伝達表彰が行われた。

 同社沖縄支店の関直樹支店長によると、県内では約300点の応募があった。慶田花君の作品は、授業で生徒たちが笑顔でサッカーを楽しむ様子を描いたもので、色合いのきれいさと、繊細でしなやかな描き方が審査で評価されたという。

 慶田花君は「家でも学校でも毎日絵を描いていて、今回の作品は頭でイメージしながら描いた。賞を取れて本当にうれしい」と喜んだ。

 関支店長は「今回の受賞を機に創作活動を頑張っていただき、また応募してもらいたい」、同校の大田幸司校長は「一人一人が自分だけの感性を持っている。慶田花君の感性は学校を代表するもの。これを糧に今後も頑張ってほしい」と激励した。

  • タグ: 八重山特別支援学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム