八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょう3氏 最後の訴え 石垣市長選

(写真右から)それぞれ手を振って支持を呼び掛ける宮良操氏(9日午後、JAおきなわ八重山地区本部前)、中山義隆氏(9日午前、八重山農林高校前交差点)、砂川利勝氏(同、荒引橋前)

(写真右から)それぞれ手を振って支持を呼び掛ける宮良操氏(9日午後、JAおきなわ八重山地区本部前)、中山義隆氏(9日午前、八重山農林高校前交差点)、砂川利勝氏(同、荒引橋前)

各陣営、夕方から打ち上げ式

 前市議で新人の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福推薦=、前自民県議で新人の砂川利勝氏(54)が集票合戦を繰り広げている石垣市長選(11日投開票)は10日、運動最終日を迎え、各候補者が大票田の市街地を中心に最後の訴えに駆け回る。宮良陣営は八重山農林高校近くで、中山陣営は730交差点で、砂川氏は選対本部前で、それぞれ午後6時から打ち上げ式を行い、7日間の運動を締めくくる。

 宮良氏は推薦政党や平和団体、労組などの支援を受けて選挙戦を展開。新庁舎移転、火葬場移転、幼稚園休園、不発弾保管庫整備、陸自配備計画など中山市政2期8年に言及した上で「住民の声がないがしろにされてきた」と批判。陸自配備を受け入れないとの立場を強調し、「私たちの未来は市民が決める。市民の声が届く政治をしなければならない」と訴えてきた。

 平得で9日午前に行った街頭演説では「名護市長選と同様、国の選挙になっている。安倍政権が沖縄をつぶそうとしている証拠だ。国との戦いに勝ち抜いてこそ、私たち市民のまちづくりができると確信する」と語りかけた。

 中山氏は、政府・与党の自公の支援を受け、組織力を生かした戦い。自民党は二階俊博幹事長ら衆参の国会議員延べ30人を送り込むなど総力を挙げている。二階幹事長は8日夜の選対会議で「国政と関係がつながっていることが大事。予算については責任を持つ。それくらいの気概がないと幹事長として来られない」と支援を約束。

 中山氏は、街頭演説などで陸自配備計画には言及せず、2期8年の実績を強調。八重山農林高校前交差点で9日午前、「経済や観光を安定的、持続的に伸ばしていく。自公政権と連携のとれる市政を運営し、約束したことを必ず実現する自信がある」と訴えた。

 砂川氏は、自民党除名を「自民党から市民党へ」と逆にPR。保守分裂選挙となった6年前の県議選同様、徹底したどぶ板選挙を展開。各地区をくまなく回って有権者にじかに支持を訴えてきた。

 幼稚園休園問題、平得大俣への陸自配備計画などに触れ、「まさに市民との対話がなく行政が進められた」と批判。キャッチフレーズの「対話で創る島づくり」を浸透させている。

 荒引橋で9日午前、陸自配備問題について「新たな候補地を防衛省が決定した後、しっかりと住民投票を行い、皆さんの意見を尊重し、その通りに進めていくのが本当の民主主義だ」と訴えた。

  • タグ: 石垣市長選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム