八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「市よりも町は進んでいるよ」

 ▽…石垣市よりも先に最終処分場の延命化を含めて新ごみ焼却施設の建設に動きだした与那国町。担当課は「市よりも町は進んでいるよ」と強調。新施設は廃プラ類や漂着ごみの焼却も可能で、長年にわたり頭を悩ませていた町のごみ問題は解消に向かいそうだ。一方、町議からは資材高騰などで予算増を懸念。事業について一般質問で取り上げる考えも示唆した。説明責任はしっかりと。

 ▽…石垣市・新時代の住まいづくり建築デザインコンペは設計1年目の新城信元さん(28)が優勝。前職は西海区水産研究所で潜水士の免許を持つ。昔から設計に興味はあったが央設計の下地社長に出会い、転職を決めた。まったく経験はなかったが琉大卒で数字には強かったため、構造計算は得意。ことし、初めて新築住宅の担当を任された。6月の着工に向け奮闘中だ。

 ▽…7日の本公演、8日の児童無料招待公演も終わり、劇団四季の「嵐の中の子どもたち」石垣公演が幕を閉じた。観劇中、コミカルなシーンで会場に幼い笑い声が響いたり、感動的なシーンで温かい空気を共有したりするのは、演劇ならではの面白さ。吉田智誉樹社長も「演劇は表現と観客の交流の中にしかない」と語った。一期一会の舞台。子どもたちの胸にそれぞれ何が残ったろうか。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム