八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

劇団四季きょう公演

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」石垣公演をPRした政所和行さんと長谷川彩乃さん=6日午後、八重山毎日新聞社

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」石垣公演をPRした政所和行さんと長谷川彩乃さん=6日午後、八重山毎日新聞社

劇団四季の出演キャストに指導を受け「嵐の中の子どもたち」のワンシーンの模倣に挑戦する子どもたち=6日午後、大川公民館

「何か感じてもらえたら…」
出演者、意気込み

 

 劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」石垣公演(八重山毎日新聞社主催)が7日に石垣市民会館で上演されるのを前に、出演キャストのケン役の政所和行さんと、ビッキー役の長谷川彩乃さんが6日午後、八重山毎日新聞社を訪れ、公演への意気込みを語った。

 劇団四季の石垣島公演は2005年の開始以来、ことしで13年目。今回の演目は11年以来、7年ぶり。

 舞台はハミングバード村という架空の村。嵐で村に取り残された18人の子どもたちが、初めはぶつかり合いながらも、次第に力を合わせ、数々の困難に立ち向かっていく様子を描く。歌やダンスが絶え間なく続く躍動感あふれるステージとなっており、巨大遺跡や動く機関車、吹き出す霧など迫力の舞台装置も見どころだ。

 石垣公演初参加の政所さんは「全国公演が始まった時から、石垣に来るのをずっと楽しみにしていた。石垣の子どもたちにとってもなかなかない機会だと思う。全力を尽くして頑張るので、2時間の中で何かを感じてもらえたら」、2度目の石垣公演参加となる長谷川さんは「去年は石垣の子どもたちに温かい拍手をもらい、来てよかったと心から思った。ことしもぜひ来たかった」と語った。

 ■演劇やダンスの基礎訓練法伝授〜劇団四季出演者ら

 7日にファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」石垣公演を行う劇団四季の出演キャスト8人が6日午後、大川公民館で、ウイングキッズリーダーズ受講生や八重山高校演劇部員ら36人に、演劇の基礎やダンスなどを手ほどきした。

 キャストらは腹式呼吸や開口発声など、日頃行っている基礎訓練方法を伝授。その後、「嵐の中の子どもたち」のダンスシーンの模倣練習が行われ、ハイスピードな指導に追いつこうと子どもたちは真剣な表情で取り組んだ。練習終盤に駆け付けた全キャストが見守る中、最後は参加者全員でダンスを発表した。

 同リーダーズの川島暉良(きら)君(八重高1年)は「いつも取り組んでいるものと違うタイプのダンスで難しかった。発声練習の方法などを持ち帰り日ごろの練習に生かしたい」と話した。

 

  • タグ: 劇団四季
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム