八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

現職と新人2氏が立候補 陸自配備の是非争点

出発式で第一声を放つ宮良操氏=4日午前、選挙事務所前

出発式で第一声を放つ宮良操氏=4日午前、選挙事務所前

出陣式で第一声を放つ中山義隆氏=4日午前、選挙事務所前

出陣式で第一声を放つ砂川利勝氏=4日午前、選挙事務所前

保守分裂で11日投開票

 石垣市長選(11日投開票)は4日、告示され、届け出順に前市議で新人の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新、幸福実現推薦=、前県議の砂川利勝氏(54)=無=が立候補、保守分裂による三つどもえの戦いが確定した。11日の投開票日まで7日間の選挙戦を展開する。期日前投票は5~10日の間、市中央運動公園野球場会議室で午前8時半から午後8時まで行われる。

 今選挙は、現職に新人2人が挑む構図。現職2期8年の評価が問われ、石垣島への陸上自衛隊配備計画への対応が最大の争点となる。子育て支援、教育環境の整備、経済振興策なども焦点となる。

 宮良氏は「島のどこにも受けいれない」と陸自配備に反対。「2期8年で住民自治が崩壊した」と現市政を批判、「住民自治を取り戻す」と訴える。

 中山氏は「陸自配備計画は理解できる」として話し合いを継続。「観光を中心に経済が伸びている」と2期8年の実績を強調する。

 砂川氏は「平得大俣を白紙に戻し、住民投票を実施する」と主張。「市民との対話がない」と現市政を批判、対話による島づくりを掲げている。

 3氏は立候補を届け出た後、選対本部で行われた出発式・出陣式で第一声を放ち、決意を表明した。

 市選管によると、有権者数は3日現在、3万8699人(男1万9267人、女1万9432人)。

 

■宮良操(みやら・みさお)氏。1956年4月29日生まれ。白保出身。沖縄国際大学卒。1998年9月の市議選から5期連続当選。1月31日に辞職。市青年団協議会会長、八重山郡農業共済組合長、石垣島和牛改良組合長、JAおきなわ経営管理委員などを歴任。

■中山義隆(なかやま・よしたか)氏。1967年6月26日生まれ。登野城出身。近畿大学商経学部卒、野村証券(株)入社。八重山青年会議所理事長、日本青年会議所沖縄地区担当常任理事を経て2006年9月に市議選初当選。10年3月の市長選から2期連続当選。

■砂川利勝(すながわ・としかつ)氏。1963年9月28日生まれ。星野出身。中部大学卒。2002年の市議補選から4期連続当選。12年の県議選から2期連続当選。2月21日付で辞職。自民党八重山支部連合支部長、石垣葉たばこ生産組合振興会長などを歴任。

  • タグ: 石垣市長選宮良操氏中山義隆氏砂川利勝氏
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム