八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

余震警戒、観光影響を懸念 竹富町西表

西表島付近の震度5以上の震央分布図

西表島付近の震度5以上の震央分布図

瓶詰めされた食料品が落ちないようビニールひもで固定する店員=2日午後、玉盛スーパー

地震から一夜明け 人的、家屋被害なし

 1日深夜の西表島の南約7㌔の地点を震源とする最大震度5弱の地震から一夜明け、竹富町や石垣市で家屋や人的被害、山岳部での落石や崖崩れなどは確認されていない。最盛期の西表製糖工場では同日午後11時から2日午前4時までの5時間、製造機械を停止させ、作業員らが不具合を確認したが異常は見つからなかった。一方で、地震により宿泊施設やレンタカー利用客のキャンセルが一部で発生。山岳部での崩落を警戒してトレッキングを中止にするツアーもあった。

 震源に近い同工場は地震発生をうけ、予定していたメンテナンスに併せて機械を緊急停止。午前4時に再稼働させた。製品自体に影響は出ていない。

 観光業では、余震を心配して宿泊施設やレンタカー業者などに問い合わせが相次いでいる。西表島交通グループ(玉盛雅治代表取締役社長)のレンタカー事業所では、2日にキャンセルが2件、3日以降もキャンセルが出ている。

 同交通運輸部の玉盛鉄部長は「昔の群発地震を思い出す。これから春休みシーズンに向かうので、余震が続くと予約に影響が出る」と懸念した。

 玉盛雅治代表は余震に備えて「お客さまと従業員の安全を考え、社内で取り決めた対応マニュアルに沿って行動したい」と話した。

 大富共同組合売店はこの地震で、ショーケース内の飲料類が外に投げ出され、お酒や調味料の破片が店内に散乱。従業員の高橋弘貴さん(28)は「日中に地震が発生してお客さんに商品が落ちたら大変。陳列を工夫して対策したい」と話した。玉盛スーパーでは、商品が棚から落ちないよう店員がビニールひもで固定していた。

 竹富町教育委員会は「余震に不安が残る」として、4日に予定していた生涯学習フェスタの中止を決定。予定会場の町離島振興総合センターでは、職員らが撤去作業に追われた。

 竹富町災害警戒本部によると、町全体で電気や水道などライフラインへの影響は出ていない。

  • タグ: 西表島地震
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム