八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3月は卒業シーズン…

 3月は卒業シーズン。そのトップを切り、1日、3高校で卒業式があり、生徒たちが3年間通った学び舎を後に、卒業する。卒業後は進学、就職で進路が分かれ、島を離れる人も多い。それぞれの進路で活躍を期待する▼小学校、中学校、高校と各課程を卒業するなかで、最も学校生活が充実し、仲間との濃密な時間を過したのが高校の3年間ではないか。それだけに一人一人に卒業式は特別な思いがあることだろう▼ことしの卒業式では話題も多い。八商工ではプロ野球西武ライオンズに入団した平良海馬君が卒業。プロ野球選手の一員として、厳しいプロの道で歩みを始める▼八重山高校では課題研究の音楽選択の3年生6人が中心となり、3年生全員から募った「八重高や石垣島といえば」のキーワードをつなぎ合わせ歌詞にした卒業記念ソング「八重高(ふるさと)」を制作、式当日に3年生が歌う。卒業ソングは数多くあるが、卒業生全員の思いが詰った曲は格別だろう▼「友と語ったあの場所」「共に泣き 共に笑った仲間と」「この島から大きな夢を きっと掴むから」…各フレーズに卒業生の思いがこもり「繋いでいこう 次の世代へ これからの未来へ」と結ぶ▼第70期卒業記念だが、八重高の卒業の歌としての新たな伝統の始まりかもしれない。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム