八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市、都市計画変更を告示 廃止、縮小で住宅230軒分確保

廃止された登野城公園

廃止された登野城公園

 石垣市は27日、長期間未整備となっている登野城公園など六つの石垣都市公園・緑地を廃止、縮小する都市計画の変更を告示した。約半世紀ぶりの大幅な変更で、全体で6.29㌶の面積縮小となる。市都市建設課は、一戸建て住宅で約230軒分を確保できると想定。さらに、公園整備に将来必要となる物件移転補償や用地購入、整備工事などの費用約47億円の削減につながるとしている。

 公園・緑地内では、これまで鉄筋コンクリート造り、3階建て以上、地階が禁止されるなど地権者に土地利用上の規制をかけてきたが、告示により撤廃された。

 都市計画法に基づく都市公園・緑地は、住みやすさや楽しさ、安全性など都市の魅力を演出するものと位置付けられており、市内には25カ所(計422.71㌶)ある。古いものでは50年前の1968年に決定されている。市は地道に整備をしてきたが、一部を含め供用開始されているのは11カ所(241.52㌶)にとどまっていた。

 このため、2011年度に策定した都市計画マスタープラン(基本計画)で「長期未着手の公園・緑地の変更・廃止の検討」との方針を初めて打ち出し、公園再編計画をつくるなど検討を進め、都市計画審議会などの手続きを経て変更を決定した。

 未整備の公園・緑地11カ所のうち登野城公園(4.20㌶)、真喜良公園(0.20㌶)、平得中央公園(0.14㌶)、双葉公園(0.10㌶)を廃止、真栄里緑地を4.40㌶から2.96㌶に、うぶ公園を0.73㌶から0.52㌶にそれぞれ縮小した。

 石垣中央緑地(6.90㌶)、宮鳥公園(0.19㌶)、平得公園(0.27㌶)、前原公園(0.25㌶)、石垣公園(1.10㌶)の5公園については整備検討公園と位置付けている。このうち面積の大きい石垣中学校北側の石垣中央緑地については「市街地のグリーンベルトとしての役割を果たしている。良好な自然環境や景観資源を形成していることから、良好な緑地帯として整備を推進する公園として検討する」としている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム