八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

7年ぶりに文化発表会 白保青年会、伝統芸能披露

創作舞踊「東ぬ渡から」を舞う会員ら=24日夜、白保公民館

創作舞踊「東ぬ渡から」を舞う会員ら=24日夜、白保公民館

 白保青年会(長間翔悟会長、会員24人)主催の「青年文化発表会」が24日夜、白保公民館で開かれ、地域の住民ら約340人が青年たちの芸能を堪能した。同発表会が行われるのは7年ぶり。

 発表会は全会員による白保節・真謝節の合奏で座開き。「東ぬ渡から」、「生らしたぼり」などの創作舞踊、「白保小唄」などの遊び歌など多彩な演目を披露。青年会OBたちによる余興も会場を盛り上げた。

 7年前の発表会に出演した長間会長(28)は、「自分が会長になったら、必ず復活させたい」と決意。会長1年目にはできなかったが、2年目のことし実現させた。発表会のテーマは「新潮」。今までの波を残しながら、新しい流れを起こす意味をこめた。

 長間会長は「白保村の先輩方が築き上げ守ってきた伝統文化、歴史、環境を大切にし若人の力で白保を盛り上げたい。歴史を学び、人を育て村に愛される青年会活動を展開したい」と思いを述べた。

 発表会には各地域の青年会も招待。宮良青年会の東政太朗会長(26)は「宮良も4月28日にサニズ(演劇発表会)を予定している。新公民館での開催なので、白保に負けないように頑張りたい。白保の芸能は面白いのでこれからも発表会を続けてほしい」と話した。

 5歳から舞踊を習っているという前盛朱琳(じゅりん)さん(白保中2年)は友達4人と鑑賞。「こういう舞台でみんなで踊ってみたい。三線も弾けるようになりたい。何でもできる先輩たちはすごい」と感想を語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム