八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

愛情を伝える親子にウルッと

 ▽…「生まれてきてくれて、ありがとう」「誰よりも愛してくれて、ありがとう」。成人までの道のりが半分となる10歳を迎えた平真小の児童が、2分の1成人式で保護者らに10年間分の感謝を伝えた。子どもたちは事前学習で助産師から生命の大切さを学び、手作りの招待状や司会進行、創作ダンスでおもてなし。少し照れくさそうにしながらも互いの愛情を伝える親子の姿に、こちらもウルッと。

 ▽…交通栄誉章「緑十字銀章」を受章した新垣能一さん。多年にわたり、交通安全のために献身的に尽力し、交通事故防止と交通秩序の確立に向けた功績がたたえられた。表彰状の入った額を持つ新垣さん、写真撮影で笑顔を要求すると「額が重くて笑うのも大変」と冗談交じりに答える。周りにいた人から「それだけ重く名誉のある受章ですね」と声を掛けられていた。

 ▽…八重山商工の生徒たちが台湾東部地震義援金を石垣市に託した。17、18の2日間、市中央運動公園野球場と、さんばしマーケットの会場で募った計47万円余り。花蓮の姉妹校にお世話になっているとして「自分たちにも何かできないか」と思い立っての自主的・主体的な活動。そんな思いが伝わったのだろう、募金箱はずっしりと重い。温かい気持ちは花蓮にも届くはず。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム