八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

黒島 牛まつりに3000人

体重約700㌔の雄牛「黒島ブラックパワー」の圧倒的な力で引きずられる女性挑戦者ら=25日午後、黒島多目的広場

体重約700㌔の雄牛「黒島ブラックパワー」の圧倒的な力で引きずられる女性挑戦者ら=25日午後、黒島多目的広場

多彩なプログラム満喫

 【黒島】「女子力」をテーマに第26回黒島牛まつり(同実行委員会主催)が25日、黒島多目的広場を中心に盛大に開かれた。時折、大雨が降る中、会場には島内外から3000人(主催者発表)が詰めかけ、「食・遊・楽」と牛にちなんだ多彩なプログラムやステージを満喫した。(3面に写真特集、8面に関連)

 同まつり独特のプログラム「牛との綱引き」は、テーマにのっとって、初めて女性限定の闘いを開幕した。

 女性参加者らは、沖縄出身のお笑いコンビ・ガレッジセールが命名した雄牛「黒島ブラックパワー」(体重約700㌔)と対戦。5人一チームとなり計3組が果敢に挑むも、猛牛の圧倒的な力に引きずられるなどして完敗した。

 約400㌔の牧草ロールを男女ペアで飛び越える「ジャンプdeロール」、ゴールまでの速さを競う「牧草ロール転がし」も泥まみれになりながら熱戦を繰り広げ、観客からは盛んな声援が送られた。

 グルメコーナーの豪快な牛もも肉の串焼きには長蛇の列ができ、例年、大好評の牛汁は、ハート形にくりぬいたニンジンで提供するなど「女子力」ならではのこだわりも。

 ステージでは、石垣島出身の唄者・金城弘美さん、仲田かおりさん、カワミツサヤカさん、世持桜さんの4人で結成し、この日に初舞台を迎えた女性グループ「ティンガーラ」などが情緒ある歌声を響かせた。

 このほか、子牛にミルクを与える体験コーナーや牛の爪を削る削蹄(さくてい)の実演、豪華賞品を懸けた牛の体重当てクイズもにぎわった。

 牧草ロールを自由にデザインする「ロールペイントアートコンテスト」に参加した大原小1年の宮良長希君(7)は、きれいな毛色の肉牛を堂々と描き、「(抽選会で)牛1頭を当てたくて、当たるように願って描いた」と笑顔。

 20年余前から同まつりのボランティアを続け、今回は行員14人で応援に駆け付けた琉球銀行八重山支店の大浜知洋副長は「行員一同、楽しみにしているイベント。先輩方から代々受け継がれている伝統なので、島民の方々と一緒に盛り上げられたら」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム