八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

卒業記念ソング受け継いで

 ▽…八重高3年の比嘉舜太朗君ら6人が70期卒業記念ソング「八重高(ふるさと)」を制作した。オリジナル曲を卒業式に歌うことは珍しく、加那原誠人君(18)は「新しい八重高の形」と胸を張る。歌詞は、八重山で過ごした日々や思い出を胸に、それぞれの道を歩む3年生に向けて共に頑張り、次世代へもつないでいこうと呼び掛ける内容。70期卒業記念ソングとなっているが、同校の伝統として末永く受け継いでいってほしい。

 ▽…石垣港離島ターミナルは4月1日から、施設名の冠に「ユーグレナ」の愛称がつく。石垣市には年間1000万円(税抜き)のライツ料が入ることになり、これを新たな財源として活用し、修繕費や維持管理費に充てる予定だ。一方で、ターミナル内には、出港時刻などを知らせる電光掲示板がない。この設備も必要不可欠と思うが、どう対応するか。

 ▽…「本当に働き手がいないんですよ…」。悲壮感を漂わせながら八重山地区企業説明会の会場で話す企業担当者。続けて「今すぐにでも新卒者の力が必要。島外に出る島の”風習”は理解できるが、労働人口が限られる離島は生産性が高まらない」と指摘。若年者が企業を知る機会は企業イメージにつなり、マッチングに結びつけば大成功だ。それは将来的な話だが、現場はやはり「今」なのだ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム