八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

お魚まつり盛況 大勢の来場者でにぎわう

大勢の来場者らを前に、53㌔のキハダマグロを解体する八重山漁協の青年部員(右)=18日午前、八重山漁協セリ市場

大勢の来場者らを前に、53㌔のキハダマグロを解体する八重山漁協の青年部員(右)=18日午前、八重山漁協セリ市場

 第16回お魚まつり(石垣市漁業集落協定主催)が18日、八重山漁協セリ市場で行われ、大勢の市民や家族連れらが新鮮な地魚を買い求めて長い列をつくり、50㌔級のキハダマグロの解体ショーにはカメラを手にした黒山の人だかりができるなどにぎわいを見せた。

 同まつりは、魚食普及や地産地消を目的に、八重山漁協の青年部と女性部が中心となって運営。離島漁業再生支援交付金を活用している。

 同日午前10時の開始から、会場には八重山の近海魚や揚げたての天ぷら、婦人部が新たに考案したマグロ入り「ツナ・タコライス」などお目当ての商品を求める来場者の姿があった。

 解体ショーでは、青年部員らが53㌔と50㌔の大物2本をおろし包丁で約20分かけて解体。同部員とのじゃんけんの勝者には、マグロ一切れが次々と無料配布された。

 このほか、シマイセエビやナマコ、ハリセンボンなどとじかに触れ合える「タッチプール」や、ゆでたソデイカの無料配布、ゴールを決めると1500円相当のミーバイ1匹がもらえる「ミーバイ・ストラックアウト」も盛り上がりを見せた。

 家族とともに初めてまつりに参加した、八島小3年の呉屋梨音菜さん(9)は「(ゲームで)魚をゲットできて、うれしかった。刺し身を食べるのが好き」と喜んだ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム