八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

労苦越え長寿の笑み 我喜屋さん、カジマヤー祝う

長寿にあやかろうと声をかける住民に笑顔で応える我喜屋スミさん=24日午前、兼城集落

長寿にあやかろうと声をかける住民に笑顔で応える我喜屋スミさん=24日午前、兼城集落

開拓のため移住 野底地区で初のパレード

 数え97歳のカジマヤーを迎えた我喜屋スミさんの長寿を祝うパレードが24日午前、野底地区で行われ、親族約50人や住民ら総勢約100人が参加した。野底地区でカジマヤーのパレードが行われるのは初めてという。

 スミさんは沖縄本島の旧越来村出身で、1922年12月25日生まれ。54年にコザ市(現・沖縄市)から夫婦で開拓移民として移住した。

 「嘉手納飛行場のすぐそばだったから、何も残らなかった。1町5反もらえると聞いてきたが、道も水もない。石だらけ。本当に驚いた」と当時を振り返り、「今の野底は本当にいい所になった」と笑顔を見せた。

 夫の故・我喜屋変山さんとの間に5人の子に恵まれ、孫15人、ひ孫16人、玄孫1人に囲まれる。

 浦添市から駆け付けた弟の新里宏輝さん(81)は「若い時の苦労は相当なものだった。子や孫に囲まれて、今が一番幸せ。うらやましく思う」、長男の我喜屋隆さん(68)は「本島から移民で来て、言葉にはできないほど苦労を乗り越え、5人の子どもを育て上げた。母を誇りに思う。カジマヤーパレードは子や孫たちの役目。感謝をこめて盛大に祝いたい」と話した。

 スミさんは風車などで華やかに飾り付けられた三輪車「トゥクトゥク」に乗り込み、兼城集落内をパレード。終始住民らに笑顔で手を振り続け、「一生に1度しかできない。長生きしてよかった。部落中の人が応援してくれた」と喜びを語った。

  • タグ: カジマヤー野底
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム