八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

旧正月に長寿祝う

あやかりの杯の後、中山義隆市長から長寿を祝福される108歳の慶田城ヒテさん=16日午後、市民会館大ホール

あやかりの杯の後、中山義隆市長から長寿を祝福される108歳の慶田城ヒテさん=16日午後、市民会館大ホール

市生年祝賀会
108歳の慶田城さんら笑顔

 旧正月の16日、石垣市主催の生年祝賀会が市民会館大ホールで開かれ、108歳の茶寿を迎えた慶田城ヒテさん=宮良=をはじめ、97歳のカジマヤー、85歳の生年者が出席、中山義隆市長から頌状と記念品を受けた。

 市内で生年祝いを迎えたのは108歳1人、97歳67人、85歳282人の計350人。午前中には、中山市長と漢那政弘副市長が式典に参加できない16人のお年寄り宅や施設を訪ねた。

 祝賀会では、幕が上がると、97歳以上の生年者が舞台に勢ぞろい。大きな拍手で長寿を祝福した。中山市長が一人一人に頌状を手渡し、108歳の慶田城ヒテさん、97歳の﨑山寛宗さん=大川=が中山市長にあやかりの杯を授けた。

 﨑山さんは「皆さんのおかげでカジマヤーを迎えることができた。これからも石垣市のさらなる発展を心から願う」と話した。

 この後、中山市長は85歳の生年者にも一人ずつ頌状を手渡し、家族らが写真に収めていた。

 中山市長は「皆さんは戦前、戦後の厳しい時代を生き抜き、家族のため、地域のために尽くしてこられた。おかげで、石垣市は目覚ましい発展を遂げることができた」と感謝した。

  • タグ: 生年祝賀会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム