八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

盛大に旧正大綱引き 黒島

旧正月を迎え、大雨をものともせず盛大に行われた黒島東筋集落の伝統神事「大綱引き」=16日午後、伝統芸能館前

旧正月を迎え、大雨をものともせず盛大に行われた黒島東筋集落の伝統神事「大綱引き」=16日午後、伝統芸能館前

40数年ぶりに新調された衣装「スディーナ」を身にまとい、旧正月の伝統神事を盛り上げる住民ら=16日午後、伝統芸能館前

51年ぶりに綱を新調
五穀豊穣や無病息災祈願

 【黒島】旧正月の16日午後、黒島東筋集落の発展と五穀豊穣(ほうじょう)、住民らの無病息災を願う伝統神事「大綱引き」が伝統芸能館前で盛大に行われた。降りしきる大雨のなか、地域住民や石垣在東筋郷友、県内外の観光客ら総出で51年ぶりに新調された大綱約100㍍を引き合い、ことしの豊作を祈願した。

 黒島東筋部落会(又吉英伸会長)では、これまで使用していた大綱が老朽化したことから、住民から寄付金を募り、ことし新たに大綱を製作。有志がおよそ2週間かけてワラ25㌔を編み込み、約50㍍の大綱2本を完成させた。

 大綱引きは同日午後2時すぎ、又吉会長らが集落内にドラの音を響かせると、集落の南北に分かれた住民と郷友が古謡「正月ユンタ」を大声で掛け合い幕開け。

 勇壮なシナヌミンが披露された後、又吉会長が大綱の上に立ち上がり、「北が勝つと豊漁」、「南が勝つと豊作」と伝えられている伝統の一戦を展開。ことしは南が勝利し、一年間の豊作に祈りをささげた。

 最後に南から集落内の農民で、最も偉い人である「チクドゥン」、北からミルクが登場し、チクドゥンに五穀の種子が託された。

 又吉会長は「この大雨は世果報の雨」と話し、「雨のなか、みんなで一致団結し最後まで執り行えた。皆さんに楽しんでもらえて良かった」と笑顔を見せた。

地図
  • タグ: 黒島旧正大綱引き
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム