八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

公明党は中山義隆氏、砂川利勝氏、宮良操氏のうち誰を支持するのか…

 公明党は中山義隆氏、砂川利勝氏、宮良操氏のうち誰を支持するのかー。石垣市長選の投開票まで約3週間と迫る中、その動向が注目されている。当落の行方と自衛隊配備の是非を大きく左右するからだ▼同党市議の大石行英氏と平良秀之氏は、過去2回とも市長選は中山氏を支持した。しかし今回はまだ態度を明確にしていない▼過去の市議選で両氏が「反対」を表明してきた自衛隊配備が、今回の争点になり中山、砂川両氏は容認、宮良氏が反対と真っ向対立しているからだ▼2010年、14年の市長選では5014票と4022票差で圧勝した中山氏だが、三つどもえの今回は票が分散する。そこで両氏の前回、前々回市議選での総得票2500~2600票余が大きな鍵を握る▼両氏はその2回の市議選の本紙アンケートに、「尖閣の警備態勢は海保で不足と思えない」「国際観光都市を目指す石垣市にとって好ましくない」と配備反対を回答していたが、最終判断はどうか▼各陣営からは①「平和の党」の矜持(きょうじ)を貫き宮良氏を支持②党中央の自公の枠組みで中山氏を支持③保守分裂の中で既に支持者の一部が流れる砂川氏か、あるいはどちらも支持せず自主投票―の観測が流れる。各陣営からラブコールを送られる悩める党に決断の時が迫る。(上地義男)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム