八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

NHK大河「西郷(せご)どん」が好調だ。

 NHK大河「西郷(せご)どん」が好調だ。今年は明治150年。政府は「明治の精神に学び、日本の強みを再認識する」として記念事業を計画中という▼国民体育大会は戦後に始まり、明治とは何の縁もない。なのに国は福井国体に「明治150年」の冠称を要請し、日本体育協会が受け入れた。なぜか50年前も「明治100年」福井国体だった▼物事にはいくつもの見方がある。明治150年は、会津にとっては「戊辰戦争150年」、京都にとっては「帝(みかど)不在150年」。賊軍の諸藩が昭和の原発立地と重なるのは何の偶然だろう。なかでも福井県は全国の4分の1が集中する原発銀座。福井県こそ明治の「負の遺産」というべき損な役回りを押し付けられている▼尊王攘夷思想の源流となった長州松下村塾・吉田松陰。その著作「幽囚録」は「北海道の開拓、琉球の日本領化、朝鮮の属国化、満州、台湾、ルソン諸島の領有」とアジア進出を求めている。明治以降、日本はその通りに軍を動かし、そして壊滅した▼西郷どんは明治政府にあらがい、西南戦争で戦場の露と消えた。対米追従一辺倒の安倍政権は南西諸島要塞(ようさい)化を進める。狙いは中国海軍の太平洋進出を「第一列島線」で防ぐため▼あらがうか、従うか。西郷どんなら国策に揺れるこの島に何を見るだろう。そして石垣市民は。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム