八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

少年補導1551件 過去4年間で最多 何度も補導の傾向が特徴

32965.png

八重山署管内 17年、前年比297件増

 八重山署管内の2017年の少年補導件数(暫定値)が1551件(前年比297件増)と過去4年間で最多となったことが同署のまとめで分かった。県内の同規模署でも高水準にある。同署によると、学年や学校をまたいだ集団で非行に走ったり、同じ少年が何度も補導されたりする傾向が特徴。引き続き地域、行政、学校が連携し、未成年者と家庭をサポートしていく必要がありそうだ。 

 補導の内訳は、深夜徘徊が50%と最も多く、次いで喫煙が42%を占める。年齢や職業別でみると、有職・無職少年の補導が最も多く40%、高校生が34%、中学生が25%、小学生は4人。

 一方、犯罪で検挙されたり、触法で補導されたりしたのは41人(同6人減)で、このうち40人が小中学生(中学生24人、小学生16人)。自転車盗が未成年者の犯罪や触法の多くを占めており、生活安全課少年係の村吉政彦警部補は「交通手段で借りる、というような意識で盗んでいる少年が多い」と罪の意識の薄さを指摘する。自転車を盗まれた少年が他人の自転車を盗むなど、負の連鎖も多いという。

 村吉警部補は「地域、学校、行政と連携し、未成年が早く帰りたいと思えるような家庭環境づくりに向けて、少年や保護者へのサポートを継続的に行いたい。根が浅いうちに早期に対応し、重大犯罪に巻き込まれることや、不良行為が深化することを未然防止することが大事」と話している。

  • タグ: 少年補導件数八重山署管内
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム