八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ロッテ始動、石垣島キャンプ

雨のため、屋内練習場で始まった千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプ。1、2軍合同でランニングする選手ら=1日午前

雨のため、屋内練習場で始まった千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプ。1、2軍合同でランニングする選手ら=1日午前

雨の初日、室内トレで調整
17、18日にラミゴと交流戦

 11年目となる千葉ロッテマリーンズの石垣島キャンプが1日、石垣市中央運動公園でスタートした。昨シーズン最下位に終わったロッテはことし〝マクレ〟のスローガンを掲げ、チーム改革を進める井口資仁新監督の指揮の下で覇権奪還に乗り出す。初日は雨で室内での始動となったが、セレモニー終了後、投手陣が早速ブルペンに入るなど、練習会場は各選手の熱気にあふれた。

 キャンプは1、2軍合同で行われ、1軍は19日、2軍は27日まで。17、18日は、3年連続で台湾のプロ野球チーム、ラミゴ・モンキーズを迎えて交流戦を行う。

 キャンプ初日は雨天用のメニューで行われ、午前と午後の班に分かれてトレーニング。全体でランニング、ストレッチでウオーミングアップ後、投手陣はブルペン入り。午前班で大嶺祐太は直球を中心に捕手を座らせ57球を投げ込んだ。野手陣は守備練習と打撃練習で汗を流し、午前班の大嶺翔太は初日から居残りでマシンを相手に調整した。

 キャンプインセレモニーでは、千葉ロッテマリーンズ石垣島協力会会長の中山義隆市長が「市民の願いは、いざ石垣島から覇権奪還。スローガンの〝マクレ〟の通り、打ちまくって、走りまくって、勝ちまくって、一気に頂点に駆け上ってほしい」と激励。

 井口新監督は「昨シーズンの悔しい思いを胸に、スローガンの〝マクレ〟の通りキャンプで練習しまくり、年間を通して動ける体力と技術を身に付けて生まれ変わったマリーンズを見せたい。ことしこそはパリーグ制覇、日本一と、石垣のみなさまと共に戦い、来春にはここでパレードをさせてもらえるようにしたい」とあいさつした。

 キャンプ初日の天気は雨ときどき曇り。最高気温は18・9度と平年を下回り、平日ということもあり、来場する地域住民の数は少なく、県外のマリーンズファンの姿が目立った。

 キャンプを見に千葉県から訪れた森健吾さん(25)と弥菜さん(28)夫妻は「今シーズンは優勝を目指してほしい。根元俊一選手にレギュラーを取ってもらいたい」と、ユニホーム姿でエールを送った。

地図
  • タグ: 千葉ロッテマリーンズ石垣島キャンプ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム