八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

不発弾を処理 旧石垣空港周辺

TSUTAYA石垣店南側敷地内の不発弾処理で、国道390号の一部が通行止めとなった=1日午前、同店付近

TSUTAYA石垣店南側敷地内の不発弾処理で、国道390号の一部が通行止めとなった=1日午前、同店付近

きょうも処理作業

 1日から2日間にわたって旧石垣空港を中心に3カ所で実施される米国製不発弾の処理が1日午前、TSUTAYA石垣店南側敷地内、同夜、狩俣シャッター隣敷地内でそれぞれ行われ、午前8時49分と午後8時57分に処理作業が終了した。陸上自衛隊の不発弾処理隊が50㌔と250㌔爆弾の弾頭と弾底の信管を抜き取った。

 作業現場を中心に半径166㍍と283㍍が避難対象となり、それぞれ168世帯と111世帯が市老人福祉センターなどに避難した。

 また、通勤時間帯となった午前の処理では国道390号の一部が約40分間通行止めとなり、迂回(うかい)路となった国道の北側と南側の市道で一時渋滞も発生した。

 2日は、丸八そば裏敷地内で午後8時40分ごろから250㌔2発と50㌔1発の処理作業が行われ、50世帯が避難する。

地図
  • タグ: 不発弾処理
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム