八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今年こそ覇権奪還!! ロッテが石垣入り

2月1日のキャンプインに向け来島した千葉ロッテマリーンズの選手を迎えて行われた歓迎セレモニー=30日午前、南ぬ島石垣空港

2月1日のキャンプインに向け来島した千葉ロッテマリーンズの選手を迎えて行われた歓迎セレモニー=30日午前、南ぬ島石垣空港

セレモニー終了後、報道陣の取材に応える井口資仁監督=30日夕、南ぬ島石垣空港

あすキャンプイン

 2月1日からスタートする石垣島キャンプを前に、千葉ロッテマリーンズの選手と監督、スタッフら135人が30日夕、空路石垣入りした。空港で千葉ロッテマリーンズ石垣島協力会や関係者、地元ファンらが出迎え、熱烈に歓迎した。11回目となることしのキャンプは石垣市中央運動公園で、1、2軍合同で行われ、市出身の大嶺祐太、翔太両選手は共に1軍スタート。1軍は2月19日まで、2軍は27日まで行われる。

 南ぬ島石垣空港到着ロビーで行われた歓迎セレモニーには、山室晋也球団社長、井口資仁新監督、今岡真訪2軍監督、大嶺兄弟、角中勝也選手会長が出席。ロッテ杯学童野球で優勝した真喜良サンウェーブの子どもたちが花束を手渡した。

 山室球団社長は「雪で非常に寒い東京と比べると天国に来たよう。昨年非常に悔しい思いをさせたが、ことしは新生マリーンズで戦っていく。来年は水牛を先頭にして優勝パレードをしたい」と力強く述べた。

 千葉ロッテ石垣島協力会会長の中山義隆石垣市長は「覇権奪還を目指し、ことしのチームスローガンの『マクレ』の通り、打ちまくり、走りまくり、勝ちまくり、一気に頂点へ駆け上がってほしい」と活躍を期待し、歓迎した。

 セレモニーには県外からも報道陣が大勢詰め掛け、新生チームでキャンプに臨む球団を迎えた。

 

■「チーム内の競争激しく」  井口資仁新監督

 昨季、マリーンズで現役を引退し、監督に就任した井口資仁新監督(43)は、セレモニー終了後、取材に応じ、石垣島キャンプについて「いよいよ始まるなという思い。東京と違い暖かい気候の中できることを楽しみにしている」と期待。

 就任直後から、キャンプでは練習量を増やし、1、2軍の区別をなくしてレギュラー争いをする、と方針を示してきた。

 「選手も初日に合わせて万全で来ると思っている。例年以上に自主トレしている姿を見ていたので初日が楽しみ」と期待を示し、「対相手というより、まずはチーム内の競争を激しくするのでレギュラー争いをしっかりしてほしい。そこからオープン戦、シーズンと臨んでいけたらと思う」と意気込みを語った。

地図
  • タグ: 千葉ロッテマリーンズ石垣島キャンプ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム