八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

東さん初の優良農家表彰 花と食フェス

花と食のフェスティバルで園芸拠点産地優良生産農家として表彰された左から東政廣さん、ゴーヤー生産で金賞の豊里笑子さん、花卉生産で銀賞の宮城順一さん、銅賞の照屋幸子さん=30日午前、市役所庁議室

花と食のフェスティバルで園芸拠点産地優良生産農家として表彰された左から東政廣さん、ゴーヤー生産で金賞の豊里笑子さん、花卉生産で銀賞の宮城順一さん、銅賞の照屋幸子さん=30日午前、市役所庁議室

県内最大のオクラ生産
入賞4氏、市長に報告

 奥武山公園で28日行われた花と食のフェスティバル2018(同推進本部主催)の第7回園芸拠点産地優良農家表彰(県農林水産部主催)で、オクラを栽培する東政廣さん(61)=宮良=が八重山から初めて表彰された。東さんは県内最大の生産量を誇り、県内32拠点産地の農家から選ばれた。フェスタでは東さんを含め八重山から園芸農家4戸が入賞した。JAおきなわ八重山地区営農振興センターによると、過去最多の入賞。

 東さんは7年前からオクラの生産を開始し、5年前から規模を拡大。現在200㌃で栽培し、年間生産量は40㌧を超える。繁忙期には最大20人のパートやアルバイトを雇用し、地域活性化にも貢献した。

 ほかにゴーヤー生産の部で豊里友吉(68)さん・笑子(えみこ)さん(62)=白保=が金賞、花卉(レッドジンジャー)生産で宮城順一さん(62)=登野城=が銀賞、花卉(ドラセナ)で照屋朝春さん(64)・幸子さん(64)=明石=が銅賞に輝いた。

 入賞者らが30日、市役所に中山義隆市長を訪ね、東さんは「地域を活性化しようと規模拡大を図った。これが受賞につながって喜んでいる。皆さんも素晴らしい賞をいただき、園芸に取り組んでいる人たちや若い人たちの励みになればと思う。これからもみんなで協力し、情報を共有しながら取り組んでいきたい」と決意を新たにした。

 豊里笑子さんは「認められてうれしいが、自分では納得していないので、まだまだ頑張っていきたい」、宮城さんは「レッドジンジャーを栽培して30年くらいになるが、受賞してまた頑張っていこうという気持ちになった」、照屋幸子さんは「ドラセナやレッドジンジャーをつくって30年になる。これからも頑張りたいと抱負を語った。

 兼浜秀雄会長は「私も参加したが、八重山の花卉はきれいで色鮮やかと評価された。他の園芸農家の励みになると思う」と受賞を喜んだ。

  • タグ: 優良農家表彰
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム