八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

全国大会 八重高カラーガード金賞

「人間の心の中の叫びを表した」“叫び”をテーマに21人が一糸乱れぬ演技を披露した八重高カラーガード部=28日午後、幕張メッセ

「人間の心の中の叫びを表した」“叫び”をテーマに21人が一糸乱れぬ演技を披露した八重高カラーガード部=28日午後、幕張メッセ

第1回カラーガード・マーチングパーカッション全国大会で金賞に輝いた八重高カラーガード部=28日午後、幕張メッセ

「心の中の叫び」情感豊かに 最優秀賞にあと一歩

【千葉】第1回カラーガード・マーチングパーカッション全国大会(日本マーチングバンド協会主催)が28日、千葉県の幕張メッセで行われ、カラーガード部門高校の部で、八重山高校カラーガード部が参加21校によるショー選考を経て、金賞に輝いた。目指していた最優秀賞は惜しくも僅差で逃し涙をのんだが、今村紫音部長(2年)は「みんなの心が一つになった今までで最高のショー」とやりきった様子だった。

 同大会はマーチングバンドの特徴的パートであるカラーガードとマーチングパーカッションの技術向上を目的に、ことし創設された。

 1年生15人、2年生4人、3年生2人の計21人で臨んだステージには「人間の心の中の叫びを表した」“叫び”をテーマに選んだ。

せつなさが漂うオープニングからアップテンポな後半へと刻々と変化するショー。一糸乱れぬフラッグワークと正確なライフルさばきでは会場から拍手が湧き起こった。

 フィナーレでは生徒自身が「今を全力で生きる!」、「叫べ!心の声を!」と絶叫。約6分半のショーを全員が情感豊かに演じきった。

 外部指導者でボディーワークや表現指導を担当した上原純子さんは「1年生が多い中で見事な演技。生徒それぞれの自主性が出たことがこの結果につながった」と拍手を送る。

 「絶対やってやるという強い気持ちをぶつけた」と語る平良莉久君(1年)。全国大会では唯一の男子部員として存在感を放ち、「カラーガードは楽しいので、春には男子の後輩に入ってきてほしい」と誘う。

 今村主将は「踊っていて涙が出そうになるぐらい感極まった。初心者が多く最初は不安も多かったが、練習を重ねて一人一人の心が一つになった。ベストを尽くした結果」と最後は笑顔だった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム