八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

指針策定委 「学童」の用語統一へ

石垣市小学校放課後使用可能教室等活用指針案について話し合う委員たち=29日午前、市健康福祉センター

石垣市小学校放課後使用可能教室等活用指針案について話し合う委員たち=29日午前、市健康福祉センター

「放課後児童クラブ」に

 第3回石垣市小学校放課後使用可能教室等活用指針策定委員会(大濵民江委員長、委員5人)が29日午前、石垣市健康福祉センターであり、同指針案の文言などについて審議した。「学童クラブ」の名称が、2015年度から厚生労働省が実施している放課後児童健全育成事業で「放課後児童クラブ」と規定されていることから、委員から「『放課後児童クラブ』に統一した方がいいのではないか」との声が上がった。

 市児童家庭課によると、石垣市では幼稚園の預かり保育がなかった時代から学童クラブがあり、15年以降もそのまま名称が残っている。

 同事業の放課後児童クラブの対象は小学生に限定されているのに対し、学童クラブは幼稚園児も含めておおむね小学3年生までの子どもたちが利用しているとされており、文言は「放課後児童クラブ」に統一した上で、用語解説欄で学童クラブも含むことや対象の範囲を記述することになった。

 次回は2月22日を予定しており、同月15日の市立小中校長研修会で同指針案について上がった意見について話し合う。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム