八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

第16回石垣島マラソン大会 フル男女優勝

フル男子優勝の川内鴻輝さん(右)と同女子優勝の畠山望美さん

フル男子優勝の川内鴻輝さん(右)と同女子優勝の畠山望美さん

男子・川内鴻輝さん 
女子・畠山望美さん

■フル優勝(男子) 川内鴻輝〜笑顔でゴール

 「なんとしても石垣島で1位になりたかったので、タイムより勝つことにこだわった」と、笑顔でゴールした川内。初出場した昨年は2位に終わり、出場2回目で念願の優勝を果たした。

 優勝を狙い臨んだ今回は、序盤から1人で飛び出し、11㌔で2位に2分差をつけた。

 5㌔あたりまで、24㌔コースのランナーについていったが、1㌔3分20秒とさすがに速かったため、中盤以降の向かい風やアップダウンに備え、走りを切り替えた。後半タイムが落ちたがあせらず、「自分のペースで淡々と走ることを心掛けた」と振り返る。

 景色が好きな名蔵大橋に差し掛かったところで『1位、頑張って』と応援され、「帰ってきた気持ちになった」と笑顔。この後は2月の北九州マラソンで、「公務員ランナー」の兄・川内優輝さんら3人兄弟で走る。

 

■フル優勝(女子)畠山望美〜本当にうれしい

 「いつか行きたいと思っていた石垣島に来られて、優勝できて本当にうれしい」と感慨ひとしお。

 石垣市と友好都市を結ぶ岩手県北上市の代表として初出場。昨年10月の第16回いわて北上マラソンで2位、県内の出場者中1位で、派遣ランナーに選ばれ初来島。通算16回目のマラソンで初優勝を果たした。

 「決して速くはない」という畠山。勝因は「マイペース」。序盤から上位争いの中にいたが、「飛び出さず、速い人にもついていかずに自分のタイムラップを刻むこと」に徹した。

 15㌔付近で順位を教えられ、最後には2位に10分以上の差をつけたが、「25㌔過ぎからアップダウンと向かい風に苦しめられ、終始きつかった」と、決して楽ではなかった。

 「岩手からと知っていたのか、名前を呼ばれて温かい声援をもらった。また来たい」と笑顔を見せた。

  • タグ: 石垣島マラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム