八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

4195人が完走 石垣島マラソン

号砲と共にスタートしたフルと24㌔のランナーたち=28日午前9時、石垣市中央運動公園入り口

号砲と共にスタートしたフルと24㌔のランナーたち=28日午前9時、石垣市中央運動公園入り口

第16回石垣島マラソン大会(42.195㎞)上位成績表

川内、畠山初V
南の島のコース楽しむ

 第16回石垣島マラソン(石垣市など主催)が28日、石垣市中央運動公園を発着点にフルマラソン、24㌔、10㌔の各コースで行われ、1545人が出場したフル男子は川内鴻輝(25)=埼玉県=、同女子は畠山望美(44)=岩手県=がそれぞれ初優勝した。大会には3部門合計で4395人が出場、4195人が完走した・完走率は95%だった。石垣島気象台によると、午前9時のスタート時の気温は21・6度、湿度76%、南東の風6・8㍍だった。

 フル男子は、優勝した川内が序盤から抜け出し、独走のレースを展開。中間地点で2位に3分以上の差をつけ最後まで自分の走りを守りながらゴールした。

 フル女子は、畠山が一人旅のレースを展開。2位に10分21秒の大差をつけて初優勝を飾った。

 1101人が出場した24㌔は、男子が谷星輝(23)=東京都=、女子は谷真美(55)=同=親子が優勝。星輝は大会新を記録した。1749人が走った10㌔は、男子が川満晃弘(36)=竹富町=、女子は宮こずえ(46)=愛知県=が制した。

 沿道では大勢の市民らが懸命に走るランナーに声援を送り、エイドステーションではボランティアが給水などに走り回った。

 大会のスターターはローカルヒーローの「琉神マブヤー」が務めた。

  • タグ: 石垣島マラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム