八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市長選 中山後援会が事務所開き 

市長選に向け、「頑張ろう」をする中山義隆氏(中央)と支持者ら=22日夜、後援会事務所

市長選に向け、「頑張ろう」をする中山義隆氏(中央)と支持者ら=22日夜、後援会事務所

「正論を通して勝ち抜き3選を」

 石垣市長選(3月4日告示、同11日投開票)で3選を目指す保守系現職、中山義隆氏(50)の後援会「日本一幸せあふれるまち石垣市をつくる市民の会」(東田盛正会長)は22日夜、字真栄里の国道390号バイパス沿い店舗で事務所開きを行った。東田盛会長が「正論を通して勝ち抜く。必ずや3選を」と呼び掛け、中山氏は「これまで手がけてきたことを3期目で仕上げたい」と決意を表明、全員で「頑張ろう」と気勢を上げた。

 東田盛会長は「中山市政になって石垣市はどう変わったか、今後どうあるべきか。2期8年で実行してきたことを3期目で完成させよう」と実績を強調。自民党第4選挙区支部長の西銘恒三郎経済産業副大臣が「昨日付で支部会議で推薦を決定し、県連に報告した。保守の大同団結ができるようともに頑張ろう」とメッセージを寄せた。

 宮古島市から駆けつけた下地敏彦市長は「4区が決定したので県連は間違いなく推薦する。中山さんは日本一幸せあふれるまちづくりをその通りにやってきた」と評価した。

 自民党石垣市支部長の石垣亨市議は「中山さんには若さ、行動力、実績、アピール力がある。相手(革新系予定候補者)とは品格も違う」とPR、女性部の玉代勢光子部長は「初心忘れるべからず。1期目のときの気持ち、思いを寄せてください」と一致団結を促した。

 中山氏は「一人一人が幸せになるまちづくりをしたいというのが、最初に市長を志した気持ち。8年たって、もっともっと大きくなっている」と決意を新たにし、「2期目のマニフェストをしっかり実行してきた。2018年度には待機児童がゼロになる。ゴルフ場の建設も農振除外の最終段階の手続きに入っている。これまで手がけてきたことを3期目で仕上げたい。間違いなく豊かな島にする」と訴えた。

 自治労連石垣市職労の鹿川栄伸委員長、同OBの集い「友愛やいま会」の長浜正勝会長からそれぞれ推薦状が手渡された。最後は、石垣聡青年部長の音頭で「頑張ろう」を三唱した。

  • タグ: 石垣市長選事務所開き
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム