八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「美崎牛」台湾進出 JA石垣牛に先駆け

台湾出荷に向け、「美崎牛」をトラックから降ろす美崎畜産のスタッフら=16日午後、石垣港

台湾出荷に向け、「美崎牛」をトラックから降ろす美崎畜産のスタッフら=16日午後、石垣港

毎月6、7頭出荷へ
鹿児島で食肉処理

 ㈲美崎畜産(美崎伸栄代表)が生産する自社ブランド牛「美崎牛」を販売する㈱美崎牛本店(美崎信二代表取締役社長)は、日本産牛肉の輸入を16年ぶりに解禁した台湾に、枝肉の出荷を開始することになった。春節(旧正月)の2月16日までには消費者に届く見通し。毎月6~7頭の出荷を計画する。JA石垣牛に先駆け、石垣島から民間ブランド牛が台湾市場に進出することになり、現地での反応が注目される。一方、八重山食肉センターには海外輸出に必要な衛生管理システムが構築されておらず、島外での処理を余儀なくされるため、早期の対応が求められそうだ。

 台湾当局は昨年9月18日、日本で2001年に牛海綿状脳症(BSE)が確認されて以降、禁止していた和牛の輸入を解禁。これ以降、和牛の需要が高まっているという。

 美崎牛本店によると、解禁に向けては台湾人関係者からオファーを受け、出荷に向けた準備を進めた結果、台湾の食品卸売会社と契約した。

 卸売会社の鍾佳融代表は「2016年に初めて美崎牛を口にしたが、言葉にできないくらいのおいしさ。肉の柔らかさと甘みは初めて口にするもので、台湾にも広めたいと思った。和牛焼き肉店などで美崎牛を並べて売っていきたい」と話している。

 同本店は16日、鹿児島県下の食肉センターで処理するため、初出荷用の6頭を船積みした。1頭から400㌔の枝肉がとれるため、出荷量は2400㌔前後になる見込み。枝肉処理後は鹿児島から高雄に海上輸送、高雄から卸売会社のある基隆まで陸送される。

 海上輸送のコストがかかるため、販売価格は割高になるが、美崎社長(42)は「負担はかかるが、台湾では富裕層をターゲットにしている。1人でも多くの人においしさを知ってもらい、石垣島に行ってみたいという人が増えれば、観光振興の手助けにもなる。台湾を足がかりに将来的にはアジアやヨーロッパにも挑戦したい」と話している。

 美崎牛を生産する美崎畜産の美崎代表(49)は「食文化を共有することで、経済的な交流につながればと思う。どこまで通用するか勝負をかけたい」と意気込む一方、「八重山食肉センターには早めに出荷できる体制をとってもらいたい。そうすればと畜料も地元に落ちる」と要望した。

  • タグ: 美崎牛
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム