八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市内でパイン栽培習得へ

石垣市のパインアップル農家に派遣されるファン・ティエン・ズンさん(右)とチャン・アイン・ズンさん(左)=16日午前、宜野座村のJAおきなわ教育研修所

石垣市のパインアップル農家に派遣されるファン・ティエン・ズンさん(右)とチャン・アイン・ズンさん(左)=16日午前、宜野座村のJAおきなわ教育研修所

外国人実習生、初の受け入れへ
ベトナムの青年意欲

 【宜野座】農業技術伝達による国際貢献と県内農業経営の安定化を図ろうとJAおきなわが2017年から導入している外国人技能実習制度の第2期生の開講式が16日、JAおきなわ教育研修所で行われた。2期生はベトナム人17人。今回、初めて八重山での受け入れが実現、2人が石垣市内のパインアップル農家の下で栽培技術を学ぶことになっている。実習生は2月9日までの約1カ月間、研修所で日本語や生活、交通安全などの指導を受けた後、受け入れ先に派遣される。

 第2期生の受け入れに向け、JAおきなわの職員と受け入れ農家が昨年8月、ベトナムで面接を行い、応募のあった40人のうち17人の採用を決定していた。

 実習生らは約3カ月間、ベトナムで日本語などの研修を受け来日、開講式に臨んだ。県内各地12の農家や事業所で実習を積み、派遣1年後に行われる技能実習試験にパスすれば2年の延長が可能となる。

 石垣市内で技術指導を受けるファン・ティエン・ズンさん(26)は「いろいろ教えていただき、技術習得をしたい」、チャン・アイン・ズンさん(30)は「おいしいパインアップルがつくれるよう頑張る」とそれぞれ抱負を述べた。

 開講式で慶留間輝雄常務理事は「農家から技術や知識を習得し、帰国後、経済発展や産業振興の担い手となってください」と活躍を期待した。

  • タグ: 外国人技能実習制度パインアップルJAおきなわ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム