八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

サンゴ養殖レッスンでギネス世界記録へ挑戦 石垣市

実行委員会でギネス世界記録挑戦に向けての調整が行われた=12日午後、市役所庁議室

実行委員会でギネス世界記録挑戦に向けての調整が行われた=12日午後、市役所庁議室

講演受講者数で達成目指す
21日に八島小学校体育館で

 石垣市は市制施行70周年を記念したサンゴ復活応援プロジェクトの一環で「サンゴ養殖レッスン最多参加者数」で21日、ギネス世界記録に挑戦する。12日午後、市役所庁議室で第2回実行委員会を開き、スケジュールなどを確認した。

 挑戦は、サンゴの養殖について有識者が講演し、受講した人数でギネス世界記録を目指すというもの。市が、ギネス・ワールド・レコーズに新たなカテゴリーとして申請、公式に認められた。

 同挑戦は、250人以上が30分以上の講演を聞くと世界記録に認定される。対象は小学5年生以上。当日、挑戦希望者は午前9時50分までに八島小学校体育館へ入場。

 ギネス世界記録公式認定員や監視員が、きちんと受講しているかチェックし、受講者の10㌫以上が話しを聞いていないと判断された時点で挑戦は終了となる。

 市がギネス世界記録に挑戦するのは2011年、石垣牛の串焼きで長さ107㍍を記録した石垣牛大バーベキュー大会以来で、同プロジェクト実行委員長の中山義隆市長は「ことし最初で最大のイベント。皆さんの力を借り成功させたい」と抱負を述べた。

 事務局の企画政策課は当日、700席を用意。参加者には記念クリアファイルがプレゼントされる。ギネス記録挑戦後は、1000本のサンゴの苗作りも同校内で行う。

 同課は「目標は700人。多くの方に参加してもらいたい」と呼び掛けている。

  • タグ: ギネスサンゴ復活応援プロジェクト
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム