八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ブランド力向上に期待大

 ▽…八重山食肉センターで行われたJA石垣牛枝肉の初セリには14頭が出荷され、すべて格付けA4以上の上物だった。上物率100%は初めてという。肥育部会の宮良出力部会長も「完璧」と幸先の良い出足に大喜び。上物率の高さは、肥育技術のレベルアップを証明するもの。品質の高さで、さらなるブランド力向上に期待大。

 ▽…香港から日本人バイヤーが来島して地元の特産品を仕入れた。2人は香港で”日本を売る”立場として目利きと消費者ニーズを把握。訪問を受けた地元業者は海外販路に向けて貴重な助言を受けた。一方、航空貨物の海外輸出は依然としてハード、ソフト面とも課題は山積。島の魅力を海外で売るには多角的な視点から準備も必要だ。輸出は始まったばかり、伸びしろは無限にある。

 ▽…石垣市の人権擁護委員となった大田綾子さん。鳩間出身で長年、小学校や特別支援学校で教壇に立った。定年退職後は社会奉仕活動をしたいと明言していたが、退職後も竹富町教育委員、さらには竹富町初の女性教育長まで務めた。退職から8年がたち、言葉通り奉仕を始めた大田さん。「専門は障がい児教育。理解は進んでいるが、まだ悩みを抱える親は多い。しっかり支えていきたい」と抱負を述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム