八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「110番の適正利用を」 八重山署

110番の適正利用を呼び掛ける寸劇中、「お巡りさん、この人です!」と逃げ回る不審者を指さす児童園児ら=10日午後、舟蔵公園

110番の適正利用を呼び掛ける寸劇中、「お巡りさん、この人です!」と逃げ回る不審者を指さす児童園児ら=10日午後、舟蔵公園

県警ヘリ「なんぷう」に興味津々の児童ら=10日午後、舟蔵公園

寸劇や県警ヘリでPR

 110番の適正利用を呼び掛けようと八重山署(与那嶺一文署長)は「110番の日」の10日午後、舟蔵公園で寸劇などを行い、まきら幼稚園、真喜良小学校の園児児童ら約500人に「110番をかける時は落ち着いて警察の質問に答え、必要な情報を教えてほしい」と伝えた。

 窃盗被害や不審者の出現を想定した寸劇で、正しい110番通報の例を実演。劇の終盤、逆襲する不審者に署員が見事な背負い投げを決め、児童園児らの大喝采を浴びた。

 また、デモンストレーションで県警本部航空隊が県警ヘリ「なんぷう」に乗って来島。南の空からヘリが登場すると、子どもたちは声援で迎え、着陸後に試乗を楽しんだ。

 その他、警察の装備や業務に関する説明、白バイ隊員による走行訓練や交通安全講話が行われた。

 最後に児童を代表し、池間愛希君(6年)と上原冥冴(めいさ)さん(同)がお礼し、「いたずら電話をしない。110番を正しく利用する」と宣言した。

 有田銀河君(6年)は「何か被害に遭った時は、まず110番に電話し、犯人の特徴や自分のいる場所などを、落ち着いてちゃんと伝えたい」と感想を話した。

 同署によると、2017年の管内の110番有効受理件数(暫定値)は約4300件(前年3929件)。このうち交通関係の通報が約2割を占めて最多。拾得物問い合わせなどの各種照会が14%、情報提供などが12%を占め、同署は「110番は緊急時のための回線。急を要する通報の妨げとならないためにも、緊急性のない要件は、#9110や最寄りの警察署へ問い合わせてほしい」と呼び掛けている。

地図
  • タグ: 110番の日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム