八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

用地調査など結果公表 竹富町役場移転

新規出張所用地の調査結果

新規出張所用地の調査結果

石垣支所や新規出張所

 役場移転を進める竹富町は9日、昨年11月末に完了した石垣支所と新規出張所に関する土地・施設等調査委託業務の結果をホームページ上で公表した。石垣支所の候補地は2カ所で、民間事業者への一括発注による▽スピード性▽コスト低減▽支出の平準化ーの観点からリース方式で進める考えを改めて示し、「来年度の事業着手を最優先に石垣支所の整備を進めたい」としている。

 石垣支所の用地調査は、石垣港離島ターミナルから半径500㍍、徒歩6分圏内を範囲とし、施設規模3937平方㍍、敷地約2100平方㍍を必要面積として算出している。

 町は土地・施設を計23件調査し、建設の可能性あり1件を含む建設検討の余地あり2件に絞り込んだ。

 新規出張所の用地は、竹富と鳩間、小浜、黒島の4島で、それぞれ空き地16件と21件、47件、23件などを調査。今年度中に終了見込みの財政シミュレーションの結果を踏まえ、選定する考えとしている。

 同調査業務は「新竹富町役場に関する基本方針案」を基に、昨年5月24日から11月末まで実施された。

 役場移転の進捗(しんちょく)状況をめぐっては、町定例議会で「動きが見えない」などの指摘も相次いでおり、町は昨年10月からホームページや広報誌を活用し、進捗状況を報告している。

  • タグ: 竹富町役場移転
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム