八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市 崎枝地区で農業基盤整備 

2018年度から5年計画でかんがい施設が整備される崎枝地区=8日午後

2018年度から5年計画でかんがい施設が整備される崎枝地区=8日午後

18年度から5年間実施 かんがい施設近代化へ

 石垣市崎枝地区(第2地区)で2018年度から、かんがい施設を整備する農業基盤整備促進事業が始まる。石垣市が沖縄振興公共投資交付金を活用し、2億900万円をかけ5年間で整備する。国80%、県15・5%、市4・5%の負担割合で農家負担はゼロ。

 面積は12・3㌶で受益農家は10戸。第2地区には1994年から2000年にかけ、県営かんがい排水事業が導入されたが、未整備箇所の近代化を促進するとともに営農形態の変化を受け、既存の給水栓をスプリンクラーに変更する。これにより、新たな農産物の展開、営農規模拡大、生産効率の向上、農業競争力の強化を図る。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム