八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

地域挙げ長寿祝う カジマヤー、笑顔あふれ

白保・多宇さん、迎里さん 平得・田盛さん

 数え97歳のカジマヤー(白保ではマンタラー)を迎えた白保の多宇ヨシさんと迎里トミ子さん、平得の田盛正さんのパレードが2日午前、両地域で行われた。集落内には芸能や鼓笛隊などの音が鳴り響き、それぞれの家の前では、親族や住民が万歳三唱とモーヤーで長寿にあやかり、祝福した。

 多宇さんは1922年11月25日生まれ。子ども5人、孫16人、ひ孫15人に恵まれた。畜産の家業を子どもに引き継いだ後も、趣味の家庭菜園やゲートボールなどで元気。孫やひ孫の誕生日はカレンダーに記入し、ニンガイ(願い)を欠かさない。

 「今日は最高。若い頃はナンギしたが牛を子どもにゆずり、たくさんの家族や友人に囲まれ暮らしている。白保に生まれてよかった」と感謝した。

 迎里さんは、1923年1月9日生まれ。子ども6人、孫11人、ひ孫6人に恵まれている。7人兄妹の5番目で、迎里家では5人目のマンタラー。下の弟妹2人も元気で、琉球大学も学術調査に訪れた。長寿の秘訣(ひけつ)は「よく食べて、よく寝ること」。好きな食べ物は肉やウナギ。「今日は天気もよくうれしい。孫たちとの食事会が楽しみ」と目をうるませた。

 パレードの後、白保地区では新年恒例の生年合同祝賀会(同実行委員会主催)が白保小学校体育館で行われ、生年者241人が節目の年を祝った。

 田盛さんは1922年8月27日生まれ。終戦時に夫の田盛永吉さんと娘を亡くし、女手一つで息子3人を育てた。現在は孫が9人、ひ孫が14人。田盛さんは「パレードで皆が手を振って送ってくれた時が一番楽しかった。眠れないほどうれしい」と喜びを語った。

 長男の田盛一雄さん(74)はパレードの前に「苦労の多い中『金よりも子どもが宝』などを口癖に、私たちを育ててくれた。母がきょうの日を迎えることができたのは、地域の皆さまの支えのおかげ」と声を詰まらせながら、字民へ感謝を伝えた。

 パレードの前後に大阿母御嶽と三男の寅造さんの家の前で、獅子棒同好会が棒術、平得婦人会がめでたい節を披露した。

  • タグ: カジマヤー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム