八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

『腹をくくれ』って言えばいいのに。…

 「『腹をくくれ』って言えばいいのに。年をとって追及が弱くなっているんじゃないか」。来年3月11日の石垣市長選に向け、現職の中山義隆氏が正式に出馬を表明した後、会見に出席した支持者からこう指摘された▼力量不足を反省させられたが、やっぱり、はっきりさせたほうがいいと思っている支持者も少なくないのだ。陸自配備計画に対する質問への回答に、もやもやとした感じがしたのだろう▼「受け入れ可否の最終判断はいつか」「市長選前に態度を明らかにするのか」「市有地を売る際に市長が議会に提案しなければならない。市長には提案権がある。いつ判断するのか」などと質問▼これに対し「市民の声を聞きながら防衛省と交渉するということ」「選挙前にするとか選挙後にするとかは決めていない」などと回答。結局、受け入れの可否も判断時期も明確にならなかった▼一方、宮良操氏が2期8年の市政運営について具体例を複数挙げながら「住民自治は末期症状、崩壊寸前だ」と批判したことには「市民の声を聞いてすべて解決した。自信をもってその姿勢を貫きたい」と反論するなど、対立軸が鮮明に▼陸自配備計画でも、反対・阻止VS賛成・容認・推進と違いが明確になれば、有権者にとって分かりやすいのに。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム