八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山わらべうた発刊

「八重山のわらべうたであそぼう!」を発刊した東嵩西のり子さん=27日午前、ふくぎの森保育園

「八重山のわらべうたであそぼう!」を発刊した東嵩西のり子さん=27日午前、ふくぎの森保育園

保育士の東嵩西のり子さん

 ふくぎの森保育園(金城まち子園長)で勤務する保育士の東嵩西のり子さん(66)が、八重山地域に昔から歌い継がれるわらべうたを「八重山の(やいまぬ)わらべうたであそぼう!」にまとめ、12月1日に発刊した。「各保育園などで教材として活用してもらい、八重山のわらべうたを通して古里を愛する子どもが多く育ってほしい」と話している。

 東嵩西さんの数多いレパートリーから「いゆぬみ」「しょんしょん(蝉)の独り言」など、思い入れの強い23曲(このうち子守歌2曲)が収められ、歌が収録されたCD付き。楽譜や歌詞の解釈、曲を用いた遊び方が絵入りで紹介されている。琉球大学法文学部教授の大城學氏のサポートも受けた。

 東嵩西さんは保育歴40年余り。保育士になりたてのころ「わらべうたを後世に残したい」との使命感に駆られ、保育の現場で取り入れた。「八重山のわらべうたは、温かく愛情が詰まっている」と魅力を話す。

 販売元は、ふくぎの森保育園(87-5526)。定価2000円(税込み)。

  • タグ: わらべうた
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム