八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

わらべうた歌い継いでいく

 ▽…東嵩西のり子さんによる「八重山の(やいまぬ)わらべうたであそぼう!」が発刊された。子どもたちが自然にわらべうたを口ずさむことができるよう願い、保育園で教えてきた。疑問視する意見もあったが、わらべうたを歌う子どもたちの笑顔に救われたという。これからも「ぬくもりとかたりかけ」を大切に歌い継いでいく。

 ▽…八重農グリーンライフ科バイオコースの生徒が菌床栽培で培地づくりから収穫までの一貫生産に成功。農業祭ではシイタケを販売し、その名をとどろかせた。一方、培地に使う材料のおが粉が手に入らないという課題が同コースの生徒を悩ませている。同校の登川智子教諭によると、郵送だと本島で手に入る価格の約4倍に。作るのにも時間がかかるおが粉。研究継続のためにも何とかならないものか。

 ▽…石垣市長選は、市議の宮良操氏、現職の中山義隆氏が出馬を表明した。現市政の行政運営について宮良氏が「住民自治は末期症状、崩壊寸前」と批判すると、中山氏は「市民の意見を聞き、すべて解決した」と反論し胸を張る。両者は市議会一般質問でも激しい応酬を繰り広げてきた。市長選を舞台に舌戦に熱が帯びそう。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム