八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

さあ、冬休み

担任の水谷直揮教諭(右)から通知表を受け取る宮良小の2年生=25日午前、同校

担任の水谷直揮教諭(右)から通知表を受け取る宮良小の2年生=25日午前、同校

郡内小中高校で終業式

 郡内の小中高校の2学期終業式が25日、各校で開かれ、児童生徒が冬休みに入った。

 このうち宮良小学校(桃原修校長、児童133人)では、2年生と4年生が2学期の反省を発表した後、桃原校長が「学習は積み重ねが大事。生活面の課題などもしっかり受け止めて、次につなげられるようにしてほしい。冬休みは家族とたくさん話す時間をつくってほしい」とあいさつ。

 音楽クラブの演奏で全児童が校歌や「あわてんぼうのサンタクロース」を元気いっぱいに歌った。

 2年生の教室では、児童23人が担任の水谷直揮教諭から通知表を受け取って成績を確認。隣の子や友だちと見せ合って2学期を振り返った。

 通知表を見た成底やひろさん(8)は「成績は普通だった。姿勢がよくなかったので、3学期は直したい。体育の授業でダンスがもっとうまくなれるように頑張りたい」、金山陽太(はるた)君(7)は「運動会のかけっこで1位になれてうれしかった。3学期は姿勢をよくして、進んで学習ができるようにしたい」とそれぞれ目標を語った。

  • タグ: 宮良小学校終業式
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム