八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

入植60年で記念式典と祝賀会 おもと集落

集落の発展を願って乾杯する人たち=23日午後、農村多目的集会施設

集落の発展を願って乾杯する人たち=23日午後、農村多目的集会施設

最後の計画移民地域
発展に向け決意新た

 おもと集落は23日、入植から60年の節目を迎え、記念式典と祝賀会を農村多目的集会施設で開いた。地区外からも出身者が出席、60年の歩みを振り返り、開拓者の労をねぎらうとともに今後の発展に決意を新たにした。喜友名朝福館長は「先輩方が築き上げた部落の発展に、これからも2世、3世が心を一つに頑張っていこうではないか」と力強く呼び掛けた。

 おもとは、最後の計画移民地。先遣隊18人が1957年5月19日、真栄里山に入植。住居をつくり、食料となるサツマイモや水稲の栽培を始めるなど、半年で最低限の生活基盤を整えた後、同年12月23日に家族とともに入植した。当時の北谷村から13世帯、玉城村から5世帯、与那国町から2世帯の計20世帯。62年6月19日に真栄里山を「おもと」に改名した。現在、移住者を含め27世帯が暮らす。

 式典ではまず物故者に黙とう。喜友名館長が「ジャングルを血のにじむ努力で切り開き、励まし合い、慰め合いながら、この地で必ず成功するんだという開拓1世の強い精神力でおもと部落が生まれた。大変なご苦労をされたと思う」と感謝した。

 開拓1世の喜友名朝徳さん(94)が「当時は道具がなく、クワとツルハシ、カマで開墾し、苦労した。今は機械があるので楽。楽しい生活を送っている。節目をお祝いしてもらいたい」と述べ、乾杯の音頭をとった。

 舞台では八重山農林高校郷土芸能部、大本小学校児童らが踊りや歌を披露し、祝賀会を盛り上げた。

  • タグ: おもと集落
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム