八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

入域観光客12万4335人 八重山事務所

10月単月最高を記録
1~10月累計は119万7349人

 県八重山事務所(山城秀史所長)が22日に発表した10月の八重山入域観光客数は、前年同月を8386人(7・2%)上回る12万4335人となり、89年からの統計開始以降、同月の単月最高を記録した。観光消費額は1000万円(0・1%)増の74億3000万円。1~10月までの累計入域客は前年を12万2270人(11・4%)上回る119万7349人で、年間の過去最多を上回るペースで推移している。

 同所は、国内空路では台風の影響で欠航が発生して前年同月を下回ったが、クルーズ船の寄港が7回から11回に増えたことで全体の入域客数が好調に推移した要因とみている。

 国内空路では羽田が2万2332人(前年同月比1%減)、大阪(関空)が1万817人(同7・6%減)にとどまった。

 海外路線では、10月末まで香港間で週6便運航した香港エクスプレスが3536人(同98・9%増)、韓国仁川を結んだジンエアーのチャーター便が448人、同月18日まで台北を週2便運航したチャイナエアラインが832人を送客した。

 海路では3万4326人(同35・5%増)が来島した。クルーズ船は、寄港した11回のうち6回が10万㌧超の大型船だった。

  • タグ: 入域観光客
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム