八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

宮良操氏を承認 石垣市長選

出馬への決意を語る宮良操氏=20日夜、登野城の事務所

出馬への決意を語る宮良操氏=20日夜、登野城の事務所

「住民自治取り戻す」笑顔輝く郡民の会

 来年3月11日に行われる石垣市長選の野党側候補者として選考された市議の宮良操氏(61)は20日夜、市内で開かれた笑顔輝く八重山郡民の会(次呂久成崇会長)の総会で承認を受け、「住民自治の原点を取り戻すための選挙にしたい」と決意を述べた。年内に出馬表明を行う。

 宮良氏は「火葬場移転、幼稚園休園、不発弾処理保管庫、新庁舎建設などの問題で住民の声が無視されてきた。野党のチェックを否定し、野党議員を侮辱するような状況では、中山市長の人間性が問われてくる」と批判。

 その上で「私は市職員として18年、議員として20年務めているが、中山市政の8年間、ルールを守らない行政運営が行われてきた。国政のおごりを市政に持ち込んでいる。この怒りを訴えなければならない。私は論争と政策で引けを取らない対応ができる。自衛隊配備問題は最大の課題だが、それ以外にも問題がある」と述べた。

 総会では入嵩西整選考委員長らから選考の経緯と結果の報告があり、全会一致で承認された。郡民の会は市議、県議、政党、労組、市民団体などで構成され、代表ら30人が出席した。

  • タグ: 石垣市長選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム