八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

あと10日で2017年が終わる。…

 あと10日で2017年が終わる。ことしはどんな年だったのだろうか。先日、本紙の10大ニュース候補を選ぶため、1年分の新聞をめくってみた▼目についたのは、児童生徒を中心とした文武両面の活躍。しかも九州、全国大会出場が数多くあり、子どもたちの頑張りが光っていた。加えて八重山商工高校の平良海馬投手の西武ライオンズ入団も華々しい話題として紙面を飾った▼一方、米軍のオスプレイの南ぬ島石垣空港への緊急着陸や現職市議逮捕、死体遺棄事件など、例年と比べ少々物騒な事件も多かったように思える。国が計画する平得大俣東への陸自配備をめぐり、1年通して反対派、推進派の動きがあり、1万4000余の反対署名の取り扱いを含め最も紙面をにぎわせたニュースの一つだ▼好調な観光入域、相次ぐホテルの建設計画、子牛セリ価格の高値安定、一方で人手不足の深刻化など経済面の表裏も報じられた▼石垣市制、与那国町制施行70周年。市内では15年ぶりの市民大運動会開催など数多くの記念イベントでにぎわった。与那国には海底光ケーブルが引かれ、情報格差という離島苦が一つ解消された▼外間守吉町長が四選を果たした。市長選も対立候補が固まり、盛り上がりをみせてきた。10大ニュースは24日、掲載される。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム