八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石川、85㌔以下級優勝 アームレスリング

(左から)アマクラス3位の嘉手苅聖、プロクラス85㌔以下級優勝の石川勇作、同無差別準優勝の西銘誠=12日夜、一休食堂

(左から)アマクラス3位の嘉手苅聖、プロクラス85㌔以下級優勝の石川勇作、同無差別準優勝の西銘誠=12日夜、一休食堂

188㌢の金城晃の攻撃を受け止める西銘誠(右)=10日、シュガーホール

西銘は無差別級準V

 アームレスリングの「腕我最強」大会(同実行委員主催)が10日、佐敷町のシュガーホールで開催され、石垣市から出場した石川勇作(39)がプロクラス85㌔以下級で優勝、同無差別級で西銘誠(39)が準優勝を果たした。アマクラスの75㌔以下級の嘉手苅聖(18)は3位だった。

 大会には県内外から約70人が出場。競技レベル、体重別に分かれて熱戦が繰り広げられた。同大会は2010年から、年3回開催されている。

 ■西銘のパワーに会場沸く

 無差別級の決勝戦。大会11連覇中の絶対王者、金城晃(39)に挑んだのは西銘誠=石垣市=だった。相手は身長188㌢、体重100㌔の巨漢。身長163㌢、90㌔の小兵ながら敗者復活戦で大きな相手を次々と倒してきた。会場に「マコト」コールがわき起こる。

 子どものころから力が強く、腕相撲では負けなし。ところが、10年前に市内で開催された腕相撲大会に出場したところ、体重の軽い相手の技の前に一蹴された。「もっと強くなりたい」。技を習得していくうちアームの魅力にはまり、2011年ごろから本格的にトレーニングを開始。15年に腕我最強大会の無差別級で準優勝、同年の全日本大会では90㌔以下で3位の成績を残したが、「本来の力が出せていない」と納得していなかった。

 今大会でも、そんなもどかしさを引きずっていたが、予選で金城に敗退して吹っ切れた。「力でねじ伏せる」。敗者復活戦は怒濤(どとう)の快進撃。決勝でも「技ではなく力と力の真っ向勝負で行く」と決めた。

 来年6月には、全日本大会に3年ぶりに挑戦する。「もっと自分を試してみたい。優勝の感触はつかめた」。念願の日本一をとりにいく。

  • タグ: アームレスリング
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム