八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ヤマネコ」の生態紹介 伊澤琉大教授が講演

西表島で進化を遂げたイリオモテヤマネコの生態の話に耳を傾ける来場者=17日午後、石垣市立図書館2階視聴覚室

西表島で進化を遂げたイリオモテヤマネコの生態の話に耳を傾ける来場者=17日午後、石垣市立図書館2階視聴覚室

進化背景に西表島の環境

 琉球大学附属図書館・同大学博物館(風樹館)主催の講演会「イリオモテヤマネコと水の島」が17日午後、石垣市立図書館2階視聴覚室で開かれた。琉大理学部教授の伊澤雅子氏が、ネコ科が生息する世界最小の島・西表島で進化を遂げたイリオモテヤマネコの生態を紹介した。

 伊澤氏は1982(昭和57)年にスタートした研究結果を基に、イリオモテヤマネコの特性や社会構造などを説明。「食物連鎖に関わらず、ヤマネコはなぜ284平方㍍と小さな島で生息できるのか」と投げかけ、西表島の▽湿潤亜熱帯▽琉球弧の地史ーを土台に生物の多様性が育まれ、ヤマネコの▽幅広い食性▽水域の利用ーにつながったと解説した。

 近年は個体数の減少が著しいとして、西表島内での安全運転、島内観光時のルールづくりの重要性も指摘した。

 講演会は、市制施行70周年記念事業の同大附属図書館・博物館企画展「琉球大学資料にみる 八重山の自然とくらし」の一環として開催された。

  • タグ: イリオモテヤマネコ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム