八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

慣れない手つきで調理 減塩意識し「男の料理教室」

男のための料理教室」でヘルシーメニューを調理する参加者ら=15日午前、石垣市健康福祉センター2階調理室

男のための料理教室」でヘルシーメニューを調理する参加者ら=15日午前、石垣市健康福祉センター2階調理室

 「男のための料理教室」(石垣市健康福祉センター主催)が15日、同センターで開かれ、合同会社石垣島タクシーコールセンター(平良吉美代表社員)の社員や乗務員ら17人が参加し、減塩を意識したヘルシーメニューを調理した。

 参加者らは、八重山保健所の用意した、食事バランスを自動計算する「食育SATシステム」を使用して食生活の乱れを実感した。

 講師の同センター栄養士の根神文子氏が高カロリー、野菜不足、塩分過多にならないために「スーパーのおかずや外食メニューで、何を選ぶかが大切。そこにある食品をうまく組み合わせ、バランスの良い食事を取って」と呼び掛けた。

 石垣市食生活改善推進員(愛称・ヘルスメイト)7人が参加者のサポートに回り、ハンダマご飯や豚肉のショウガ焼き、小松菜の更紗あえ、かき玉汁、牛乳わらびもちの5品を調理。レシピは1人当たり698㌔㌍、脂質18・2㌘、塩分2・6㌘と、不規則な食生活で栄養価が偏らないように計算されている。

 参加者の中には、包丁を持った事のない男性もおり、慣れない手つきで調理に取り組んでいた。

 完成した料理を食べた参加者からは「全然味が無い」「薄味で素材の味が楽しめる」などと相反する意見も。40代男性は「味が薄くて物足りないので、帰りにそばを食べに行く」と冗談交じりに話した。

 平田稔さん(66)は「お肉が特においしい。家ではソースをかけているが、味がしっかりとついている」と満足した様子だった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム